アートジムの徒然日記

富山の画塾ArtGym(アートジム)本校の出来事、お知らせなどを徒然なるままに書き込んでいます。
【子供の夢を応援したいプロジェクト】レポートPart5 7月以来動けないでいたのですが、今日念願の福島県いわき市小名浜にある、わんぱくひろばみゅうみゅうさんへ発送できました。
 アクアマリンふくしまさんに紹介していただいたお陰で、いわき市
観光物産センター内に新設された『わんぱくひろばみゅうみゅう
さんで、みんなで作ったお絵かきセットを利用していただけること
になりました





明日着きますよ〜待ってて下さいね〜
ちょっとだけホッ!!としてます(クリスマスに間に合ったかな)
| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 20:54 |
昨日の線香花火と松灯かりですです。【神通河原にて】
 あれから5ヶ月経ったのですね。時間はそんなに簡単に人の心を
和らげてはくれませんね、昨日は風があって大変でした。

古川の背中側が中部高校です向こうのほうに見えるのが富山大橋
です。


卒業生の桜井と寺林が来たので一緒に花火をしました。少し痩せた
ようですが、相変わらず濃い二人でした。
| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 23:20 |
『ほんとによく来てくれたね!又来て下さいね!』皆さんの笑顔に勇気づけられて帰路に着いたのでした。【子供の夢を応援したいプロジェクト】レポートPart4




せっかくいらしたんだから1人でも多く手渡しできるといいんだけど・・・・・
地道に歩いてみましたが、今回載せていった700セットはもとより70セット
も無理そう、とはいっても行き当たりばったりで来てしまったのだから今さら
悔いてみても始まらない。
そんな気持ちでいたのもほんのつかの間で、『ちょっと待ってて・おいしいとう
もろこしあるから食べて・遠い処から来てくれてありがとう!!』いろんな人から
来てくれてありがとう!!を頂いて、気持ちが少しずつ軽くなって来ました。数を
配りきる事じゃない、もっと出会いを大切にしよう、行って見てわかったことが
沢山あります。その一つ一つが今回現地に行けた事で感じる事のできた貴重
な体験でした。ツイッターでサポートしてくれたたくさんの方々、現地で誘導し
てくれたNPOの方々、ボランティアの方々、児童館の先生方、保育園の先生
方、自ら被災されているのに率先して地域のために尽力されている方々のお
蔭でお絵かきセットが届けられることになりました。また支援団体の方を通し
て発送出来る様になり、すでに大船渡、気仙沼、大島などからお礼の電話を
頂いています。この企画の最初は生徒の一言でした、『アートジムでは何もし
ないのですか?』から募金をしてくれた生徒達、絵画教室の方々、卒業生諸
君、今、僕に出来る事は少しの自己満足だったかもしれないけど、そんな事
に大勢の人がやさしく手を貸してくれましたよ、10年前アートジムを立ち上げ
た時を思い出しました。人はいつも1人では生きてないんですね、こんなすて
きな杜の都を創り上げた人たちにたくさんの元気をいただいて富山に帰ろうと
思います。ありがとうございました。最後に伊達政宗公に挨拶しとこっかな。

                      【活動の詳細は随時報告いたします。】











| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 15:54 |
仙台空港の周辺何にもなくなってしまったの・・・『朝そこ通るんだけどまだ涙が出るよ、せっかく来たんだから見ていくといいよ』【子供の夢を応援したいプロジェクト】レポートRart3
  何処へ行くのも片面四車線道路でナビもたいして手伝ってくれず、行ったり来たりで、
『すみません、長町の仮設へ行きたいのですが・・・・・』はぁ・それだったら四つ信号戻
ってヨークベニマルの所よ!!って教えてくれたお祖母ちゃん、女神のようでした。
 そこには地味な外見のプレハブが200棟建ち並んでいました。車をゆっくりと止めて
息をグット呑み込む様にして、『こんにちは、自治体の会長さんはどちらにいらっしゃい
ますか?』奥の方に広場があっていつもそこの番してるよ!!って第一村人のおばさんが
教えてくれたので、又ゆっくりと車を進める。普段なら歩く距離なのだが、車の三分の二
がお絵かきセットなので置いては行けないのです。
広場の隅にそっと車を寝かしつけるように止めて、もう一度息をグット呑み込む様にして
『こんにちは』その先には土・日此処に来ているという青年や移動図書館の青年、すてき
なご婦人が数人いらして、『今日は、どうしました?』と、優しく声をかけてくれました。『実
は子供達にお絵かきセットを手渡しに来たのですが・・・・・・』とドキドキしながらの会話も
ここまでで、次から次と労をねぎらわれ、『よく来てくれましたねー』『ありがとう!!』『来てく
れただけで十分!!』などと持ち上げられて、突然マイペースの僕に『この仮設、子供少な
いんだよねー』ドキ!!っとするまもなく『せっかく持ってきてくれたものを持って帰らせちゃ
いけない』と周りの人たちが携帯電話であれやこれやと連絡とってくれて、その間僕はと
いえば充電中って感じで、どんどん元気が注入されているのを感じました。
                                                (つづく) 
| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 19:49 |
車をゆっくりと止めて息をグット呑み込む様にして出した言葉が『こんにちは』でした。【子供の夢を応援したいプロジェクト】レポートPart2
 今日は少し疲れも取れて明後日からスタートする夏季講習の準備です。毎年真下で
観ていた花火大会も今日は学校の窓から見物です。母親は空襲から65年も経ってい
るのに花火を観たがりません。今日は風向きが悪いようです。


何か子供の頃から徹底してやりとうせない弱虫な自分といつもいっしょにいたと言うか、
付き合うことで充実感を得てきたと言うか、火種は燻ぶっていないといけなかったので
す。今回の事はほんの少しいつもと違うところに向かっていて、まして何かしら答えを
出そうとしているから不思議な気分でした。何か出来る事があるはずと、テレビでは連
日被災地情報が報道され、今回も心を痛めるだけで何も出来ないのか?と自分自身
に問うばかり。そんなやさき子供達に後押しされて寄せ書きを創り、そして募金活動が
始まりました。大勢の人の気持ちが一つに向かうことの重さにつぶれそうになりました。
この大きな光の塊を何処にぶつけようか?ない頭で考えた答えが、【子供の夢を応援
したい】でした。単なる物の提供ではなく、何かのきっかけになるものとしてお絵かきセ
ットを作ろうと決めたのです。
 クレヨンとお絵かき帳と手作りうちわ探しの日々を二ヶ月位続け、生徒達がセットにし
てくれて車につめるだけ積んで、富山を明け方出発、大洪水の新潟・福島を通過して
仙台に到着。初めての杜の都仙台に圧倒された田舎者というか、怖気づいたというか、
そんな気持ちで宿に着いたのはチェックインぎりぎりの飛び込みでした。行く当てのな
い僕を支えてくれたのは、ツイッターで応援してくれた6名の方達と同行してくれた川除
・浦城の二名です、着くとすぐに二人の方から電話がありました。
 明日朝一番で長町の大規模仮設住宅へ行ってみて下さい!!気仙沼からフェリーで
大島・・・・現地にいって解ったのですが、一日ではそんなに動けないのです。それに
僕は初めての人が苦手で勇気を振絞らないと声も出ません。
                                            (つづく)



| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 21:18 |
明け方出発して集中豪雨と渋滞をくぐり抜けやっとの思いで辿り着いたのが夕方でした。【子供の夢を応援したいプロジェクト】レポートPart1
 
帰ってきました。何かしたくて行ってしまったのですが、たっくさんの方のご厚意に支えら
れたと云う思いでいっぱいになりました。ありがとうございました。1度にすべてを報告する
パワーが残っていないので少しずつ話そうと思います。

 さて、’95117の頃から僕の中に燻ぶり続けていた火種と多くの方の支えが今の制作
活動や事業を後押ししてくれているのですが、今回の311の災害の折アートジムは
何かしないのですか?と僕に聞いてきた子がいました。今までも義援金ならしてきたと、ど
こか逃げ腰の自分が、辛くて、かといっても又、人を巻き込んで迷惑かけるんじゃないか?
などとモヤモヤしてる折、チャりティー美術展のお誘いを頂き参加してみました。沢山の方
に作品を購入して頂き、百二拾数万円の寄付ができました。
 どうしても、もっと眼には見えないけど大切なものがあるはず。そういうものに動かされて
絵を創ってきました、あるいみモヤモヤの火種をそっとしておきたい自分が見えていました。
                                                  (つづく)
| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 21:39 |
今日のアートジムは1日中クレヨンとお絵かき帳の袋詰めでした。(生徒達は)僕は舘先生と話に花が咲いてさぼり気味で・・・とにかくこれと寄せ書きを持って岩手・宮城・福島・茨城へ金、土、日と行って来ます。結局、無計画で行ってみようと思っています。
 
今日生徒達ががんばってくれてやっと形が見えてきました。ただ問題は
量の多さです。どんなに頑張っても600セットぐらいしか車にのらないか
も、しょうがないので少しでも多くのせて28日の夜出かけます。今後の
予定は気の向くままに進んでみます。
  どれだけ子供達の夢を応援できるかな?
| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 22:49 |
アートジム[富山]東日本の子供達の夢サポートプロジェクト

アートジム[富山]東日本の子供達の夢サポートプロジェクト







3月以来、今、私達に何ができるのだろうと寄せ書きをしたり、チャリティー美術展等に参
加したりして過ごして来ましたが、たいした事も出来ずに4ヶ月も過ぎてしまいました。
 子供達の夢をサポートしたいと、用意して来たクレヨンセット800個・手作りうちわセット
100個・その他お絵かき帳・画用紙などを持って7月末に届けに行きたいと思っています
が時間に限りがあります。富山からどういうルートで何処へ行くと子供達に逢えますか?
また受け入れ先はありますか?情報ください。

| 東日本子供の夢を応援したい!!プロジェクト | 16:49 |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
ちょっと一言(タイムライン)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS